lulu Mama*kiroku*

2歳の女の子を育てるワーママのブログ。子育て・仕事・健康・おしゃれのことなどママの気になる情報を発信します。

生理不順に効果的ないちじく*生理痛や便秘にも!

生理痛や生理不順、年齢とともに気になってきませんか?

出産をきっかけに生理痛がひどくなる人も多いみたいです。

私は昔からずっと生理不順なのですが産後もなかなか生理が安定せず、頭痛がひどくて吐き気がきたり、つわりみたいな症状に悩まされました。

そこで見つけたのがいちじく

昔から不老不死の果物とも呼ばれているいちじく。

生理痛や生理不順に効果があり、女性にはとくに良いと言われています。

そんないちじくについてご紹介します。

いちじくに含まれる成分と効果

いちじくに含まれる豊富な成分がいろんな効果を生み出しています。

鉄分

排卵障害の改善に効果があります。

植物性エストロゲン

生理不順更年期障害生理痛の症状に効果があります。

酵素・食物繊維

腸の動きに働きかけ、便秘に効果的。

いちじくは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維、2種類の食物繊維を併せ持っています。そのため、どんな種類の便秘にも効果があるといわれています。

ザクロエラグ酸/アントシアニン/ポリフェノール

これらの抗酸化物質は体のサビを取る作用があり、アンチエイジングや美肌に効果があります。

カリウム

カリウムは身体からナトリウムを排出してくれる効果があり、高血圧の予防にも効果があります。

腸と子宮の関係

実は腸の動きを 良くすることは、子宮の働きに大きく影響します。

なぜなら、腸の動きが良くないと、腸が下がってきて、子宮を圧迫してしまうからです。

整体師さんに教えてもらったこと

産後の骨盤矯正と生理痛の改善のために不妊治療のマッサージもしている整体に行きました。

この状態で妊娠して出産できたのは驚きだと整体師さんに言われました。

腸の動きが悪く、腸が下がってきていて、さらに冷え性で足の血流も良くないから、子宮が上からも圧迫され、下からも血流が悪くて圧迫され、お腹が硬くてがちがちで良くない状況だそうです。

私自身そんな自覚は重々ありました。

生理不順でいろんな治療をしました。

ホルモン注射、ピル、漢方、鍼。

妊娠したのはちょうど鍼に通っていたころです。

お腹は妊娠前も妊娠中もがちがちでした。

できれば同じように定期的に鍼やマッサージに通って血流を良くしたいのですが…なかなか時間がありません。。

なので腸の動きに働きかける、かつ女性特有の症状も和らげてくれるいちじくを食べるだけで改善されるのならなんて素晴らしい!と思ったのです。

▼参考サイト

numero.jp

実際食べてみた感想

実際朝起きて水をコップ一杯飲んでからドライいちじく食べたらなんかすごい腸が動いた感じがしました。

今日で4日目ですが、普段2、3日お通じがなくても普通なのですが、2日目以外はお通じがありました。

こちらのドライいちじくを試しました。

f:id:momolulu:20200220193827j:image

トルコ産で無添加です。楽天のお買い物マラソンで買いました。

1400円くらいなのでお手頃です。

f:id:momolulu:20200220193834j:image

けっこう大粒です。

私はドライフルーツがあまり好きではないので、「めちゃくちゃおいしい!」という感想ではないのですが、おいしいほうだと思います。

健康のため、一日一粒を目安に継続して食べようと思っています。

食べるときの注意

食べすぎてしまうと

  • カロリーオーバー
  • 糖質のとりすぎ
  • お腹を下す

原因になってしまうので、

多くても2~3個までにとどめましょう。

朝起きて、お白湯を飲んだ後に食べると、腸の運動を活発にしてくれるそうです。食後に食べると、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果があります。

さいごに

いかがだったでしょうか。

もし気になったらぜひぜひ試してみてください\(^o^)/

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

いいね、フォローいただけましたら嬉しいです。

▼参考サイト

shufuse.com▼関連記事

www.lulumamakiroku.work

www.lulumamakiroku.work

www.lulumamakiroku.work

www.lulumamakiroku.work