lulu Mama*kiroku*

2歳の女の子を育てるワーママのブログ。子育て・仕事・健康・おしゃれのことなどママの気になる情報を発信します。

【ジーナ式ネントレの効果&難点】早起きすぎるときの対策と実際のスケジュール


寝かしつけのときの背中スイッチ。

何度も寝かしつけに失敗し、途方に暮れながらひたすらだっこでゆらゆら。

そんな寝かしつけに悩み、私がたどり着いたのはジーナ式ネントレでした。

ジーナ式ネントレって?効果あるの?大変なの?

早朝覚醒に悩まされた娘のスケジュール(7ヶ月目)も一緒にご紹介していきます。

この記事はこんな人におすすめ
  • 寝かしつけに時間がかかっている
  • 赤ちゃんの早起きに困っている
  • これからジーナ式を試してみたい!
  • ジーナ式に興味があるけど難しそう!

ジーナ式ネントレとは?

毎日決められたスケジュールの通り授乳、お昼寝、就寝させて赤ちゃんのリズムを作ることで赤ちゃんを朝まですやすや寝かせる、ネンネトレーニングメソッド。

私がジーナ式を始めた理由

私は里帰り出産をし、生後2ヶ月目からワンオペ育児スタートしました。

里帰り中は夜中寝かしつけがうまくいかなかったとき、母親が助けてくれました。

自分の家に戻ったとき、寝かしつけの仕方がまずわからず、黄昏泣きに戸惑い、本当にぼろぼろのスタートでした。

眠い眠いと泣き叫ぶ娘をだっこしてゆらゆらし続けるものの、上手く寝かせてあげられず。長時間だっこするのは精神的にも体力的にも本当に辛かったです。

なんとかしたい!と思ってたどり着いたのがジーナ式です。

こちらの本に細かいスケジュールや、うまくいかない場合の対処法などが丁寧に書かれてあります。

ジーナ式の鉄則

  • 赤ちゃんを別室に寝かせる
  • 泣いてもすぐ抱っこしたり授乳しない

月齢に応じてスケジュールが細かく決められていますが、鉄則として抱っこでの寝かしつけをしません。

スケジュールをこなせば、抱っこしなくても寝かしつけられるようになる!というのがジーナ式です。

そして夜7時には眠りにつき、朝7時まで夜泣きすることなくすやすや眠るようになる。本当に世の中のママみんなが望むことですよね。

私の場合

  • 同室で隣にベビーベッドで寝かせる
  • あまりに泣く場合は抱っこして落ち着かせる
  • 夜中はすぐ抱っこしてて、落ち着けてからトントン

パーフェクトにはこなせないけど自分なりにゆるジーナで頑張りました。

スケジュール通りにこなすのって本当に大変です。もともと思い通りにいかないから悩んでいるんですから。

無理せずできることだけ!という考えでした。

ジーナ式の効果

ジーナ式を取り入れてみて実際に感じた効果です。

  • 時間通りに暗い部屋に連れて行くと眠ってくれる
  • 寝かしつけに時間がかからない
  • 日中ご機嫌が良くなった
  • 授乳回数が減った
  • 夜中起きてもミルクを作らなくて良くなった
  • 夜中起きる頻度が減った
  • 自分の時間が確保できる
  • 長時間移動も外出も予定を微調整することでスムーズ

不思議でしたが、ジーナ式スケジュールを意識することで、本当に寝かしつけが楽になっていきました。

赤ちゃんって昼夜のリズムができなくて機嫌が悪くなったり、癇癪を起したりするから、毎日同じスケジュールをこなすことで正しいリズムをつけてあげることって本当に大事なんだと思います。

夜中通して睡眠をとれる日があると疲れのとれ方がだいぶ違いました。

夜中に泣くこともありましたが、ミルクは作らず、少し抱っこして落ち着けて寝かせることができるようになりました。

母乳とミルクの混合だったので、夜中起きてミルクを作ったりすることは大変でした。夫がミルクを作ってくれたりもしましたが、その頃はお互い睡眠不足でぼろぼろでした。夜中の授乳がなくなったことで負担がかなり軽減されました。

夜7時に寝かせてから自分の時間もできて自分の心にも少しゆとりが出ました。

外出したりするとスケジュールを守ることが難しいですが、逆に寝る時間を移動時間に合わせることでスムーズにいったり、良いこともありました。

大変だったこと・うまくいかないこと

なるべくスケジュールにしたがおうと試行錯誤しましたが、うまくいかないこともありました。

  • 最初はスケジュールを管理するのが大変
  • 自分で寝てくれるようになるまでが大変
  • 早起き。5時に覚醒することも多い
  • 朝7時まで寝てくれることがない
  • 早起きだからか朝9:00より前に眠くなる ⇒散歩する⇒散歩中に早めに寝ちゃう⇒寝すぎる
  • 昼寝が続かない
  • 途中で起きる⇒眠れない
  • お昼寝がうまくできなかった日は夜中何回か起きたりけっこう乱れる

スケジュール通りにこなそうと思うとかなり忙しかったです。最初はスケジュールの管理がとにかく大変でした。

娘の場合は7時に寝るのはクリアしても、どうしても朝早起きすぎてスケジュールが崩れがちでした。

スケジュール通りにいかないことが、また自分を追い詰めてしまい、負のループも陥ります。

思い通りにいかなくても仕方ないと受け入れることも大事だよ。

娘7ヵ月実際のスケジュール

早起きに悩まされていた7ヵ月頃の実際のスケジュールです。

AM 6:00 起床

AM 7:00 ミルク(160ml)

AM 8:20  ぐずる⇒散歩

AM 9:00  朝寝

AM 9:45  起こす

AM 10:30 離乳食&授乳 母乳+ミルク(140ml)

  【遊ぶ】

PM0:00 お昼寝

PM14:15 起こす

PM14:30 授乳 母乳+ミルク(220ml)

  【遊ぶ】

  【外出もしくは散歩】

PM 17:00 離乳食

PM17:20 お風呂

PM18:00 授乳 母乳+ミルク(180ml)

PM19:00 就寝

AM 5:00 起きる⇒母乳

授乳回数は5回でした。

早朝覚醒の対策

娘の場合はひどいときは朝四時頃覚醒してしまうことが問題でした。

最初の頃、ベッドから起こして1階へ連れて行き、バウンサーに乗せたりしていました。でも、これは逆効果でした。起きたら「遊んでくれる」と思って、毎日早起きするのが習慣になってしまいます。

POINT
    早朝覚醒しても起き上がって遊んだりしない。寝かせつける。

なぜこんなに早起きをしてしまうのかいろいろ対策をしました。

出来る限り部屋を真っ暗にするよう遮光シートを購入したところ、4時から5時までのびました。それでも7時まで寝かせるのは難しかったです。冬になると日が昇るのが遅くなり、少し遅くなりました。

効果があったので、原因はやっぱり日の光なのかなと思いました。

窓に貼れるタイプの遮光シートは便利です。

遮光カーテンを使っていますが、どうしてもカーテンの下から光がもれてきます。ベッドがちょうど窓の近くなので困っていたところ、遮光シートを貼ることでかなり防げました。

ただ、窓の形にシートを切ったり、貼ったりするのはけっこう手間なので、要注意です。

POINT
    遮光をしっかりする!

他にもミルクの量が足りているか、お昼寝のトータル時間は超過していないか気を付けましたが、7時まで寝ることはなかなか叶いませんでした。

個人差があるからできなくても焦らないで。
成長するにつれてリズムは必ず整ってくるよ。
今の努力は無駄にならないからできる範囲で頑張ろうね。

参考にしていたサイト

rikejomama.netこちらのサイトは月齢別スケジュールやトラブル対処法などが、丁寧にまとめられてあるので参考にしていました!

うまくいかないときに本当に助けられました。

おわりに

育児ってわからないことばかりですよね。

寝かしつけは本当に苦労しました。

ジーナ式ネントレ、きっちり完璧にこなすのは大変ですが、できることだけでも取り入れてみるのも良いかもしれません。

赤ちゃんもママも良い睡眠がとれますように。

少しでも参考になれば嬉しいです。

アラサーワーママのlulumamaでした。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

いいね、フォローいただけたら嬉しいです。