【産後のシミ】本当に効くスキンケアは?正しいケアで美肌に!

産後、心身ぼろぼろになりながら必死に我が子を育てる毎日。

そしてある時鏡を見て気付きます。

ルルのアイコン画像ルル

あれ?なんかシミ増えた?!

このシミをなんとかしたい!

本当に効くスキンケアが知りたい!

必死にシミ対策を調べました。

この記事ではシミ予防の知識や使ってよかったスキンケア(ビーグレン)を紹介します。

この記事は

こんな人におすすめ
  • シミやくすみが気になる
  • 最近シミが増えた
  • シミ対策の効果的な方法が知りたい
  • どんなスキンケアを選べばいいのか知りたい

こんな人におすすめの記事です。

Contents(クリックで気になる項目へ)

シミのしくみと対策

シミのしくみと対策
ルルコのアイコン画像ルルコ

いろんな情報や商品があって何が効くのか戸惑うよね。

ルルのアイコン画像ルル

何が良いのか自分で判断できるようにまずは正しい知識を身に着けよう!

情報や宣伝に惑わされずに、自分に合ったスキンケアを見つけるために、まずはシミのしくみと正しい対策を知りましょう。

シミが増える原因

ルルコのアイコン画像ルルコ

なぜシミが増えるのかをしっかりおさえよう。

肌の状態は、年齢や生活習慣によっても変わります。

シミができる原因にはさまざまな要素が関係しますが、大きくはこの三つです。

  1. 紫外線と肌老化
  2. 生活習慣の乱れ
  3. 女性ホルモンの変化

紫外線と肌老化

シミの一番大きな原因は紫外線です。

紫外線のダメージは若い頃から着実に蓄積され、ある日突然シミになります。

ルルコのアイコン画像ルルコ

まずは年代別の肌の状態の変化を知ろう。

20代前半の肌
  • 肌の角質層は安定し、うるおいも十分
  • 肌の弾力を保つコラーゲンがしっかりしている
20代後半の肌
  • コラーゲンが少しずつ劣化
  • 小じわや乾燥、シミなどが出始める
  • 「エストロゲン」が減少し始め肌老化が進む。
ルルコのアイコン画像ルルコ

見た目は若くても肌老化は始まってるよ。

ルルのアイコン画像ルル

正しい方法でUVケアをすることが大事!

不規則な生活やストレスは肌にダメージを与えるので注意。

30代の肌
  • コラーゲンの劣化が進み、肌の弾力が失われていく
  • ターンオーバーが低下し、シミやくすみが出る
40代の肌
  • 肌の弾力がなくなり、小じわが発生
  • 紫外線のダメージが一気にシミやシワに表れてくる
  • 角質層が不安定になり、肌トラブルが起こりやすい
ルルのアイコン画像ルル

30代に入ると、どんどん肌老化が表面化してくるよ。

20代と同じスキンケアでは補いきれなくなります。

スキンケアを見直すタイミングです。

ターンオーバーを促し肌の代謝を高めたり、コラーゲンを増やしたり、積極的にケアしていくことが大切になってきます。

自分の肌に必要な美肌成分が確実に配合されているスキンケアを選ぼう!

ルルのアイコン画像ルル

スキンケアを守りから攻めに変えていこう。

生活習慣の乱れ

睡眠不足やストレス、運動不足はターンオーバーを低下させて肌にダメージを与えます。

女性ホルモンの変化

女性ホルモンのひとつ「エストロゲン(卵胞ホルモン)」は肌を若々しく保つ働きがあります。エストロゲンは25歳頃をピークに低下していきます。

また、妊娠中は女性ホルモンが急増し、出産後に急激に減少します。

ルルのアイコン画像ルル

このホルモンバランスの急激な変化が産後にシミが増える原因だよ。

シミ対策に効果的なスキンケアは?

シミ対策に効果的なスキンケアは?

イメージで美白っぽい化粧品を選んでも、満足な効果が得られるわけではありません。

まずは美白成分が確実に入っているかどうかを確認しましょう。

ルルコのアイコン画像ルルコ

美白っぽいイメージに騙されないでね。

どんな成分が入っていればいいのかを紹介していきます。

美白に有効な成分

厚生労働省が薬用美白成分として認めた約20種類の美白成分の一部を紹介します。

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • ルシノール
  • リノール酸
  • トラネキサム酸
  • ハイドロキノン

参考URL

美白化粧品でシミは消えるの?

ご存知かもしれませんが、美白化粧品でシミが薄くなることはあってもぱっと消せるというわけではありません。

ルルのアイコン画像ルル

ただ、正しいスキンケアできちんと角質オフや保湿ができていれば、肌のトーンや透明感はだいぶ変わってくるよ。 

美白化粧品は、これからできるシミを予防するのが本来の役割。

美白成分配合のスキンケアで毎日予防的にケアし、普段の生活習慣や食生活を改善することが大切です。

できてしまったシミは、種類によってはピーリングやイオン導入で改善できることもあります。

ルルのアイコン画像ルル

レーザー治療もあるので、一度皮膚科で相談してみることをおすすめします。

シミ対策のおすすめスキンケア

シミ対策のおすすめスキンケア
ルルコのアイコン画像ルルコ

で、どのスキンケアを使えばいいの?

私もいろいろ調べました。ランキングを見たり、口コミを見たり。

  • 必要な美白成分がちゃんと入っているか
  • 余分な成分が入っていないか(添加物、香料)
  • 価格は妥当か
  • 口コミチェック

これらを重要視して選んだスキンケアを紹介します。

化粧水はビタミンC誘導体配合を選ぼう!

ビタミンCには、抗酸化作用があり、シミの予防に効果的です。

抗酸化作用:紫外線によって発生した活性酵素を取り除く

ビタミンC誘導体はクリームなどよりも、水分が主成分の化粧水に配合したほうが安定し、吸収もよくなります。

ルルのアイコン画像ルル

化粧水でまずビタミンCを肌にぐんぐん吸収させよう!

ちふれの美白化粧品ラインナップはかなりコスパがいいです。

1000円台でもしっかり美容成分(アルブチン、ビタミンC誘導体)が入っています。

無着色、無香料で安心して使えます。

あとこちらの本格保湿ケアができるアテニアもかなりコスパが良くておすすめです。

Prima moist(プリマモイスト)

プリマモイスト2週間セット(1,200円)

↑お試しセットもあるので是非見てみてね。

30代からのエイジングケアにはぴったりです。

シミに効く美容液

大事なのは美容液で美白成分をしっかり吸収させることです。

価格の安い美容液は有効成分が表示されていても配合量が少ない場合があります。

ルルのアイコン画像ルル

美容液には多少お金をかけてケアしよう。

シミに効く美容液 ビーグレン
ビーグレンの美容液

私がおすすめしたいのはビーグレン(b-glen)です。

\ビーグレン公式HPを見る/

Qusomeホワイトクリーム 1.9

ビーグレン QusomeWhite Cream 1.9
Qusomeホワイトクリーム1.9

こちらの「Qusomeホワイトクリーム1.9」には強力な美白効果を持つ「ハイドロキノン」が配合されています。

ルルコのアイコン画像ルルコ

このハイドロキノンがとにかく最強!

ハイドロキノンは、高いメラニン抑制効果を持っています。

未来のシミ予防だけではなく、「できてしまったシミに働きかける」機能があることが最大の特徴です。

ルルのアイコン画像ルル

私がビーグレンを選んだのはこのハイドロキノンが配合されてることと、無香料なのが決め手。

2年間使いました。

感じた効果
  • 肌のトーンが上がった
  • 顔全体がぱっと明るくなった
  • くすみへの効果はすぐ感じられた

使い始めてわりとすぐに「あれ、なんか顔白くなった」って感じました。

肌に透明感が出るだけでだいぶ顔の印象って変わりますね。

顔全体のくすみがとれるような感じです。

ただ、ハイドロキノンは効果が強いだけに刺激も強く、使用中に紫外線を受けると肌に刺激を与えてしまうので、夜のみの使用です。

ルルコのアイコン画像ルルコ

気になる人はまずお試しセットで自分の肌に合うか試してみてね。

▼お試しセット

\ビーグレン公式HPを見る/

詳しいレビューはこちら

参考URL

Cセラム

ビーグレン Cセラム
Cセラム

「Qusomeホワイトクリーム1.9」と一緒にずっとリピートして使っている美容液が「Cセラム」です。

朝はCセラム、夜はホワイトクリームを使っています。

Cセラムは実はビーグレンの中で一番人気商品です。

ルルコのアイコン画像ルルコ

ピュアビタミンと呼ばれるアスコルビン酸が入っているよ!

ビタミンC誘導体はピュアビタミンCの分子構造の一部を置き換えたもの。

参考URL

ピュアビタミンCとは?毛穴、くすみなどにも効果がある万能成分! [アンチエイジング] All About

つまりビタミンC誘導体の親玉…!

ビタミンC誘導体は肌に浸透してからピュアビタミンに変化するまで時間がかかるのでピュアビタミンのほうが即効性があります。

ルルのアイコン画像ルル

これがまた良かった!

感じた効果
  • 肌のザラザラ感がなくなった
  • ニキビができにくくなった
  • 肌の調子が良くなった

肌の調子を整えてくれる感じです。

肌の調子が悪いと美容成分も肌になかなか浸透しないので、この二つの美容液はダブル使いで正解でした。

美容費どのくらいかかる?

Qusomeホワイトクリーム1.9:6,600円(定期4,950円)

Cセラム:5,170円(定期3,878円)

定期お届けコースにするとお得なので、私はいつも25%OFFで購入していますが…ライン買いしようとするとかなりお値段が張ります。

産後のシミ おすすめスキンケア

揃えるのはお金に余裕があるときだけにしています。(ボーナスとか!)

ルルのアイコン画像ルル

ラインで使うと満足度高いけどね!美容液以外は抑えるようにしてるよ。

美容液だけしっかりお金をかけて、他のアイテムで節約すると、美容費月6,000円くらいには収えられました。

実は1年間使用して、肌もきれいになったしもっと美容費を抑えようと思って一旦やめたんです。

半年でニキビを繰り返すようになったり、肌のくすみも出てきて慌ててまたビーグレンに戻りました。

ルルのアイコン画像ルル

美容費はある程度かかるけど、継続が大事と思ったよ!

洗顔を石鹸にしたり、抑えるところは抑えて工夫するようにしています。

Prima moist(プリマモイスト)

UVケアはしっかりしよう!

ルルコのアイコン画像ルルコ

蓄積される紫外線のダメージを最小限に抑えよう!常に油断厳禁!

POINT
  • ほんの短時間の外出でもUVケアしよう!
  • こまめに塗り直そう!

↑これ、ポンプ式で使いやすいのでおすすめです。

価格も1000円以下でお手頃で、ガンガン使えます!

こちらのUV下地もおすすめ。↓

ANCLVIS(アンクルイス)UVセラミドトライアル

ルルコのアイコン画像ルルコ

ちゃんとこまめにたっぷり塗らないと効果少ないからね!

おわりに

いろんな情報や宣伝、セールスに惑わされないように、正しい知識を持つことは大切です。

きちんとしたスキンケアを続ければきっと今までなかった成果が表れます。

ルルのアイコン画像ルル

自分に合った最適なスキンケアが見つかるといいね!

ルルコのアイコン画像ルルコ

読んでくれてありがとう。

参考にした本

  • エイジングケアが気になる人はこちら
  • 角質ケアにはイオン導入
  • 大人ニキビ
  • ビーグレンの詳しいレビューはこちら
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Contents(クリックで気になる項目へ)
閉じる