lulu Mama*kiroku*

2歳の女の子を育てるワーママのブログ。子育て・仕事・健康・おしゃれのことなどママの気になる情報を発信します。

【共働き夫婦の家事分担】旦那は何をする?妻のもやもや

夫婦で家事の分担はしていますか?

家事に育児に仕事、一人ですべてこなすのは本当に大変です。

ママが1人で背負い込んでしまわないように、うまく分担するためにはどうしたらいい?

分担の決め方や我が家の分担についてポイントをまとめていきます。

役割分担を見直すきっかけにもなれば嬉しいです。

この記事は、

  • 役割分担の仕方がわからない
  • 現状にもやもやしている
  • 他の人がどう分担しているか気になる
  • 1人で抱え込んでしまっている

こんな人におすすめの記事です。

役割分担の決め方

育児休暇中、休暇中ということで家事はほとんど私がやっていました。

ただ、仕事が始まったらこれまでと同じように家事を全部するのは無理、つぶれてしまう、と考えました。

家事も育児も仕事もこなす自信はありませんでした。

そこで行ったのが、家事の見える化です。普段やっている家事をリストアップしました。私の家事、夫の家事を分けて書き出し、夫に現状を理解してもらいました。

POINT
  • 家事をリストアップして見える化しましょう
  • 夫婦で家事負担の現状を共有しましょう
  • その上で役割分担を話し合いましょう

まずは旦那さんに現状を理解してもらうことが大事です。

普段旦那さんに気付いてもらえていない家事も細かくリストアップしておくと、この機会に認識してもらえるようになりますね。

実際にリストアップした上で、役割分担を話し合って決めると、漏れることなくスムーズに進められます。

我が家の家事の分担

家事育児の役割分担

私は時短勤務(5:30に保育園へお迎え)、夫は毎日9時頃帰宅です。

夫の仕事の帰りは遅いですが、私もワンオペで娘の寝かしつけまで行い、9時過ぎまでかかっています。

復帰後、四苦八苦しましたが、今では以下のような家事分担が定着してきました。

私の役割分担
  • 料理
  • 皿洗い
  • 洗濯物(回す・干す)
  • 洗濯物(たたむ・しまう)
  • 掃除
  • 片付け
  • お風呂掃除
  • 子ども:保育園のお迎え
  • 子ども:晩ごはん
  • 子ども:お風呂
  • 子ども:寝かしつけ
  • 子ども:連絡帳・保育園準備他
夫の役割分担
  • ゴミ出し
  • 朝食準備
  • お風呂掃除
  • 洗濯物(回す・干す)
  • 子ども:朝ごはん
  • 子ども:朝のお着替え
  • 子ども:保育園へ送る

各分担について

それぞれの分担の様子を具体的に見ていきます。

料理

平日の朝食は夫が用意します。(卵を焼いてくれます。卵を焼くのは夫のほうが上手です。)

晩ごはんと自分のお昼のお弁当は私が準備します。(夫は会社の弁当)

基本的に料理はこどものご飯も含め私が用意しますが、休日夫が作ってくれることもあります。

洗濯・お風呂掃除

f:id:momolulu:20200312094250j:plain

夫は仕事の帰りが遅いのでお風呂の時間も遅くなります。(9時帰宅くらい)

お風呂の残り湯で洗濯をするので、夫のお風呂が終わるまで洗濯機が回せず、先に私は眠りたいため、洗濯機を回すのは夫に任せています。

今のところ洗濯の頻度は2日に1回。洗濯機を回さない日は夫にお風呂掃除をしてもらっています。逆に洗濯機を夫に回してもらった場合は、翌朝私がお風呂掃除をします。

最近洗濯物が多いので毎日洗濯したほうが良いかなと思っています。

私が先に寝てしまって夫が一人で洗濯物を干すことが多いですが、起きているときは私も一緒に洗濯物を干します。

洗濯物をたたむのは夫は嫌いなため、たたんでしまうのは私がやっています。

朝の準備~保育園の送り

娘の朝ごはんと朝のお着替えは思うように進まないのでなかなか大変です。

基本的に夫がやってくれていますが、どうにも進まないときは私も手伝います。朝はばたばたです。

夫が娘を保育園に送り、そのまま出社します。

二人が家を出た後、お風呂掃除や晩ごはんの準備など一人で家事をする時間ができるので、だいぶ助かっています。

保育園のお迎え~寝かしつけ

夫は帰りが遅いので、お迎えから寝かしつけまでは大体ワンオペです。

たまに夫の帰りが早いときは、お風呂に入れるのを手伝ってもらったりしますが、夫が帰ってくると娘も興奮するので余計に時間が掛かったりします。

娘がなかなかお風呂に入ろうとしてくれず、苦戦しているときに帰ってきてくれるととても助かります。

大体9時くらいに寝かしつけています。うまくいくときは8時半にベッドに連れて行けますが最近は遅くなってしまうことが多いです。

掃除・片付け

床掃除、トイレ掃除、水回り、お風呂の排水口等基本的に私が掃除しています。

床に散らかっているおもちゃくらいは片づけてくれたらいいのにと思うことがよくあります。

買い物

いつも週末に3人でスーパーへ行き、一週間分の買い物をします。

平日に買い足すことはあまりありません。生協をやっているので牛乳や納豆などは平日に届くようになっています。

休日の家事育児

f:id:momolulu:20200312094415j:plain

休日は私が家事をしてても子どもがくっついてくるので、なぜか家事も育児もで忙しくなることが多いです。。週末はやっぱりたまった家事をこなしたい。

夫と娘2人で散歩に行ってもらったりして時間を作ってもらうこともあります。

妻のもやもや

分担についてのもやもやや、仕事と家事育児のバランスに対して日々もやもやしていることをまとめます。

夫の家事分担について思うこと

夫の家事分担について思うこと

おそらくだいぶやってくれているほうなのではないでしょうか。朝私が子どもを保育園に連れて行かなくて良いことはだいぶ大きいです。

夫は勤務時間が長いので、家事をしてもらうのも大変かと思いますが、全てを自分でやろうとすると気力も体力も持ちません。

特に復帰して間もなくは慣れない仕事に体調不良でいっぱいいっぱいで、家事に手が回りませんでした。

実際朝の準備までできないということで朝の準備は夫にやってもらうようになりました。

仕事復帰してすぐは本当にあれやってこれやってと指示をしなくてはならず、夫が家事を「手伝っている」感じだったのですが、だいぶこの家事分担も定着してきたように思います。(今でもその他のことは必ず指示をしなくてはいけないので、たまに疲れます…)

夫は十分手伝ってくれている、というのも、世間一般的に家事育児は妻がやるという前提のもと成り立つ考えではあると思っています。

家事育児も仕事と同じくらい労力(いやそれ以上に体力を消耗するかもしれない)を要するので、子どもの寝かしつけまで私もよく働いているのではないかとも思ったりもします。

あれもこれもと思ってしまいますが、夫への感謝は忘れないようにしたいとは思っています。

POINT
  • 我慢して家事を背負い込まない
  • 家事は妻がやるものという概念は捨てよう
  • お互い感謝は忘れずに

家事の認識の違い

私がやるべき家事が多すぎて大変だという話をすると、夫はじゃぁそんなに家事をしなくていいように考えよう、と言います。

大変なら掃除もそんなにしなくていいし、料理もお惣菜を買ったりすれば良いよ。

夫からすると求めるハードルが高すぎるのだそうです。

私も完璧は求めず、最低限の家事をしようと思っているのですが、最低限の家事の水準が夫と私で大きく違うようです。

私が散らかっているものを拾うくらいしてくれてもいいのに、と心の中で思っても、夫からすると気にならないので片づけることはないのです。

また散らかるから、そのままでも良いんじゃない?

この認識の違いも難しいところです。

自分と同じ水準に合わせてくれとも言えないし、自分の水準を変えることもやはり難しいと思います。

POINT

自分の家事の水準と相手の水準は異なるもの。黙っていてもやってもらえると期待せずに面倒でもちゃんとやってほしいことは口にしましょう

仕事について

復帰後は時短勤務をしています。

子どものことがあるのでフルタイムで他の人と同じように働くことは難しく、仕事量もかなり考慮してもらっています。

自分の仕事をかなりセーブした上でやはり家事育児仕事をこなしていかなければならず、女性の働き方ってやっぱり難しいなともやもやすることもあります。

おわりに

家事育児についてはやっぱり妻のほうが経験値も早く要領も良いので、妻がメインになってしまうと思います。

でも自分がやったほうが早いからといって自分ですべてをやろうとしてパンクしてしまうよりも、きちんと分担して夫にもできるようになってもらう、自分でやるように習慣づけてもらうことはとても大事なのではないかと思います。

POINT

自分がやったほうが早いからと先回りせず、分担をきっちりすることで旦那さんにも家事ができるようになってもらおう。

家事をやったことがない人もたまにいるのでやっぱり家事をしてもらうのが難しい場合もあるかもしれません。

夫婦でよく話し合って少しでもお互い納得のいく分担ができるといいですね。

少しでも参考になれば嬉しいです。

lulumamaでした。

◆関連記事

www.lulumamakiroku.work

www.lulumamakiroku.work

www.lulumamakiroku.work

 

www.lulumamakiroku.work

www.lulumamakiroku.work

www.lulumamakiroku.work

www.lulumamakiroku.work