lulu Mama*kiroku*

2歳の女の子を育てるワーママのブログ。子育て・仕事・健康・おしゃれのことなどママの気になる情報を発信します。

【インドネシアの通関問題】レッドラインに引っかかったときの対応

f:id:momolulu:20200220192105j:plain
インドネシアとビジネスを行う上で避けては通れない問題。

通関・物流の問題。

日本からインドネシアへの輸出に携わっていますが、一度貨物がレッドラインにひっかかてしまい、通関で止まってしまったことがあります。

もう大トラブルで一生懸命いろいろ調べました。

インドネシアの通関・物流についての情報、調べてわかったことをまとめていこうと思います。

世界から見たインドネシアの物流

まずはインドネシアの物流ランクを見ていきます。

インドネシアの物流パフォーマンス指標(LPI)

物流パフォーマンス指標(LPI)とは、世界銀行が貿易・物流の効率性について各国をランク付けした指標のことです。

インドネシアのLPIは160ヶ国中46位(2018年)で、155ヶ国中75位だった2010年よりかなり改善されていますが他のASEAN諸国に比べまだまだ低いとされています。

▼参考サイト

lpi.worldbank.org

物流が遅い=納入のリードタイムが長くなるということなのでこの物流問題はビジネスを行う上で非常に重要です。

ではなぜそんなに時間がかかるのか、課題を見ていきます。

インドネシアの物流の課題

  • 港湾のインフラや設備が不十分
  • 輸送のシステム連携がうまく機能しない

これらの問題が国内の物流に膨大なコストがかかる要因になっています。

仕組みがうまくできていないんですね。

改善のために、既定の改定や手続きの迅速化など様々な取り組みが行われたところ、平均通関所要時間2.9日まで短縮することができました。(2017年)

それでも他のASEAN諸国と比較するとまだまだ競争力は低いと言えます。

シンガポール港:0.5日~1.5日

マレーシア:2日

インドネシア政府は主要港における通関所要時間を2日以内に削減するよう目標を立てています。

通関所要時間2.9日ってどうなの?

通関所要時間2.9日はやはり長いですね。

船で荷物を運ぶとすると、日本からインドネシアまで約1週間かかります。

通関、国内輸送を含めると最短でも2週間は見積もっておく必要があります。

輸送の時間が長ければ長いほど、船のコンテナ料もかかるのでコストも高くなります。

輸入通関の流れ

到着→荷下ろし→輸入申告→輸入関税納付→税関の申請・検査となります。

税関では、輸入リスクに応じて輸入チャンネルが決められ、審査・検査を実施します。

チャンネルごとに要求される手続き、日数が異なります。

要注意なのが開披検査が行われるレッドライン(レッドチャンネル)です。

チャンネルごとの所要日数

レッド:2週間強(開披検査有)

イエロー:12日程度(書類審査のみ)

グリーン:1週間程度(書類審査のみ)

このほかにプライオリティラインと呼ばれるMITA(通関優先パートナー)のためのチャンネルもあります。

MITA(通関優先パートナー)と認定された企業は、通関時に特別待遇(便宜)が与えられており、ランダム調査がない限り、審査・検査を受ける必要がありません。

MITA(通関優先パートナー)でもレッドラインに?!

私の会社はMITAに該当するため、通関トラブルは従来なかったのですが、初めてレッドラインにひっかかってしまいました。

インドネシア人の客先からrandam checkで通関で止まっているからdemurrageを追加してほしいと連絡が入り、事態を知りました。

デマレージ(Demurrage):貨物の保管超過料金

フォワーダーに確認したところ、最大限の日数で申請しているから追加できない状況でこれ以上停滞する場合は保管料、コンテナ料など様々なコストが発生するとのことでした。

通関で止まってしまった場合、日本側でできることはありません。

客先へは、通関で止まってしまったことで発生するコストについては日本側からは一切支払わないとはっきり伝え、とにかく早く通関を通してもらえるようフォローしてもらいました。

この現物検査、実際の梱包も破壊され、材料を切ってまで確認を行っているそうです。(材料を切る?!と衝撃でした)

費用をどちらが払うか問題になるので最初にどちらの負担かはっきりさせておかないとあとあと揉めることになります。

インドネシア人は必要に駆られないと自分から動いてくれることはないので、コストが発生する旨しっかり伝え、現地企業側で根回しをしてもらうよう動いてもらうことが大事だと思います。

▼参考サイト

インドネシアにおける通関|レッドライン、グリーンラインでかかる日数

インドネシア | アジア - 国・地域別に見る - ジェトロ

おわりに

海外とのやりとりは戸惑うことが多いですよね。

少しでもお役に立てば嬉しいです。

▼関連記事

www.lulumamakiroku.work