lulu Mama*kiroku*

lulu Mama*kiroku*

アラサーワーママのキロクです。

アラサーワーママ*お小遣いの見直し*子育てママの平均は?

f:id:momolulu:20200205222313j:plain

 

こんにちわ。アラサーワーママのlulu mamaです。

 

みなさんおこづかいはどうやって決めていますか?

 

2020年の目標は節約!お金を貯める!

計画的にお金を使うため、お小遣いを見直すことにしました。

 

 

結婚するまでの金銭感覚

 

独身時代は会社の寮に住んでいたため家賃も安く済み、残りのお給料で服を買ったり、全然行かないスポーツジムの月謝を払ったり、友人とランチしたり。

 

お酒はそんなに飲まないし、自炊もしていたので食費もそんなにかからず、自由に使えるお金は今考えると多かったです。使わなかった分は貯金として貯まっていく、というような感じでした。

 

あの頃はお金も時間もたくさんあったなぁ。

今考えればこのときにもっとしっかり計画的に貯めていれば!という感じです。

 

ちなみに旦那も同い年で同じような感じでした。

 

出会って結婚したのは30歳手前だったので、お互いそれまでのお金はけっこう散財してしまった後の結婚でした。

 

結婚したら自由に使えるお金がこんなに変わるなんて。

もっと早めに結婚した周りの人たちは、早くから計画的にお金を貯めていて、結婚時期が遅かった自分たちは出遅れたなと結婚してから気付きました。

 

結婚してからはお小遣い制に

 

結婚してからは二人で話し合った結果、お小遣いは毎月4万円ずつになりました。

 

どちらも共働きで同じ総合職、給料の差はあるけどお小遣いは同じで良いかという考えに至りました。

 

育休以降のお小遣い

 

育休中は手当は出るものの、4万円の出費は必要ないと思い、2万円に。

復帰に向け、服を揃えたり、我慢していた反動で少し好きなものを買ったり、しばらく4万円に戻した時期もありましたが、時短で給料も少ないし3万円に減らしたり。

お小遣いをいくらにしたら良いかまじめに考え始めました。

 

昨年2019年のお小遣いの合計を計算してみた

 

実際のお小遣いは以下の通りです。

 

1月~2月:20,000円  ※育休中

3月~6月:40,000円  ※5月に復帰

7月~11月:30,000円

12月:20,000円    ※節約を気にし始める

 

平均すると月約3万円。

 

これに加えボーナス分は2回分で13万円の取り分でした。

 

毎月のお小遣い+ボーナス分で

年間50万円。

 

平均すると月約4万2千円。

 

 みんなのお小遣いの平均ていくらなの?

 

f:id:momolulu:20200205225250j:plain

そこでやっと考えたわけです。

そもそもお小遣いっていくらが妥当なの?

 

平均を調べてみました。

 

新生銀行グループ「2019年サラリーマンのお小遣い調査」結果によると、

 

男性会社員:36,747円

女性会社員:33,269円

 

博報堂 こそだて家族研究所 調査レポート(2013年)によると、

 

フルタイムママ:26,725円

パート・アルバイトママ:15,562円

専業主婦ママ:14,942円

 

ワーママ正社員だと2万~4万円が妥当かな、というところです。

 

いろいろ考えたのですが、子どものお金も老後のお金も考えると不安になるので、私もできるだけ工夫して少ないお小遣いでうまくやりくりをして、貯金にまわしたいと思い、お小遣いを2万円に見直すことにしました。

 

2020年お小遣いの予定

 

月2万円

ボーナス3万円(×2回)

 

年間30万円

 

年間50万円(2019)からの30万円なので年間20万円の節約です。

節約した分、積み立てNISAにまわしたいと思っています。

貯金もただ貯金するだけだと、全然増えることはないので、投資信託して少しでも増やせるようにしたいと考えました。積み立てNISAについてはまた別記事にしたいと思います。

 

 おわりに

いかがだったでしょうか。

具体的に2019年の支出で何が大きかったのかどう節約するのかを分析してまた記事を書いていこうと思います。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

いいね、フォローいただけたら嬉しいです。

 

ブログ村も参加してますのでぽちっと押していただけたら感激です。

 ポチっと

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村